子連れでお花見の持ち物リスト!あると便利で役立つ?荷物を減らす術!

Sponsored Links

子どもを連れてお花見に行くとなると、いろいろなことを想定して荷物が多くなってしまうことってありますよね。

 

お花見に気合を入れて持って行っても実際には使わなかったり、逆に子どもがいるからこそ持ってきた方が良かった!と思うものがあったりということもあるでしょう。

 

近所のお花見ができる場所ではなく、ちょっと離れたお花見に有名な場所へ行く場合には、持ち物ひとつで後悔してしまうこともあります。

 

今回は、子連れでお花見に行く時に持って行くと便利な役立つ荷物をご紹介しましょう!

Sponsored Links

お花見の便利グッズは携帯用トイレ!

お花見に行くと、絶対に長蛇の列ができているのがトイレですが、子どもはトイレを事前に伝えることがなく、行きたくなってから「トイレ!」という子がほとんどです。

子どものトイレに行きたいときに言われて、慌てて探しても小さい子どもの場合には間に合わない!なんていうことも。

 

そんなときに便利なのが、アウトドアで使える組み立て式のおトイレや、凝固剤で固めることのできる携帯用のおトイレです。

▼携帯用トイレってこうゆう感じ!!▼【BOS公式SHOP★驚異の 防臭袋 BOS (ボス) 非常用トイレ セット】15回分●送料無料● 凝固剤 汚物袋 BOSの3点セット 

 

大人ならば我慢できても、子どもは我慢ができないので、持っているだけでも安心できると思いますよ。

 

小さな子どもは、とくにトイレに行きたくなくても、暇になると急にトイレ!ということもあるので、そんな時には携帯用やアウトドア用のおトイレを使わせると安心です☆

子連れのお花見にベビーカーは必需品!

まだベビーカーに乗る年齢の子どもがいる場合には、荷物になるから避けたいと思いがちになりますが、絶対に持って行って損はありません。

 

疲れてぐずってしまったときや、お昼寝のときなどにはベビーカーは混雑した場所での子どもの安全地帯になってくれます。

 

しっかりタイプのA型と呼ばれるものと、簡易的なB型っていうのがあります。

 

いまじゃ折りたたみ傘か!ってくらい軽量なのもありますね。

 ▼B型ベビーカー▼★送料無料★ ベビーバギー MA-G JTC ベビーカー・バギー バギー 【RCP】

 

パパやママの荷物を置いておくこともできるし、なくて困ることはあってもベビーカーがあって困ることはないと断言できます。

 

さらに付属であった方がいいのが、ベビーカー用の日よけや雨除けのカバーです。

 ▼これですね。▼ごきげんレインカバーLリッチェル Richell ベビー用品 おでかけ a型 b型 セカンドベビーカー

 

お花見の時期は気温の変化が激しく、風があるときなどには、雨除けのカバーが大活躍してくれること間違いありません。わたしは子どもと出かけるようになってから天気予報をみるときは、風速もみるようになりました笑。体感温度が変わってきますからね。

ベビーカーとセットで、フワフワした素材のひざ掛けやハーフケットもあると、お昼寝のときや寒くなったときにも重宝します。

絶対必要なのは子どもの着替え*

子連れでお花見に行くときには、荷物になると思っても絶対にケチってはいけないのが、オムツの枚数と子どものお着替えです。

 

お花見のときには大勢に人がいて子どもが興奮していつもとは違う動きをしたり、走り回ったり木に登ろうとしてみたりする子どももいます。

 

今日に限ってどうして!(怒)ということが起こりやすいので、すっ転んだりしたときのために、かならずお着替えは持参しておいたほうがよいです。

 

お花見は外なので、かならず歩きやすい靴と動きやすくて汚れてもいいような服装がおすすめです。

 

お花見だからと気合を入れてオシャレな服装をさせると、思いっきり楽しめないことも多いので、着て行く服装にも注意しましょう。

お花見ではレジャーシートを敷いて、直接座ることが多いので薄い色や汚れの目立つ服装は避けた方が無難です。

ウインドブレーカーやポンチョ*

お花見の時期はまだまだ寒い日が多いので、油断していると直ぐに風邪をひいてしまいます。

そこで、ちょっと風が出てきて冷えるかな?というときにはウインドブレーカーが重宝します。

 

子どもでも大人でも、上着の中にウインドブレーカーを着こんでから上着を着ると寒さが半減しますし、上着の中に着込むとモソモソしていやな場合には、上着の上からポンチョを着せてしまいましょう。

 ▼小さい子から小学生まで!▼【メール便送料無料】かばんをかけても窮屈しないレインコート 子供用 キッズ レインポンチョ S~3XL大きいサイズ 

 

薄くて軽い上に、荷物にならないので持ち運びにも便利ですよ。

ウエットティッシュ*

お花見は外で楽しむもの&自然に触れることが多いイベントなので、子どもがなんにでも興味を示して触りまくってしまいます。

お花や葉っぱ、木などなんでも触って遊ぶ子どもがいる場合には、ウエットティッシュが必需品です。

▼だれでもどこでも拭ける。▼【送料無料】ウェットティッシュ水99.9% 手口ふき 80枚×15個【1,200枚】【肌にやさしい】

お花見の最中には、なかなか水道のある場所を見つけることが簡単ではないうえに、ようやく見つけても混雑していることが多いので、ウエットティッシュがあると便利ですよ。

 

お弁当やおやつを食べる前に、手を洗いに行かなくてもウエットティッシュがあれば簡単に手をキレイにすることができます。

 

ウエットティッシュだけでは、なんとなくキレイになった気がしない!という人には、さらにその後にアルコールジェルでの殺菌消毒をおすすめします。

▽お出かけ用 アルコールジェル▽【健栄】ケンエー 手ピカジェル 60mL【携帯用】【消毒用アルコールジェル】【医薬部外品】

 

レジャーシート&薄手の毛布

お花見のときは、レジャーシートを敷いて自分達の場所取りをすると思いますが、地べたにレジャーシートだけでは底冷えしてしまいますよね。

 

下からの寒さによってゆっくり座っていられなくなってしまうので、レジャーシートの上に薄手の毛布なんかがあると温かくて便利です。

 

ですがこんなのもあります♪

 ▽ひんやりしないレジャーシート♪▽レジャーシート 当店&数量当店限定! BIG&厚手チェック 

本当はレジャーシートの下に段ボールや銀マットを敷くと完璧なのですが、段ボールはなかなか、車移動でお花見に行かない限りはちょっと不可能ですよね。

 

でも冷え性のママさんには、銀マット+薄手の毛布があると本当に重宝する上に、子どもがお昼寝するときにも何かと便利ですよ。

 

車でお花見に行くので、荷物が多くても気にならない!という人には、薄手も毛布ではなく通常の厚手の毛布の方がおすすめです。

お花見のときには荷物を少なくしようと頑張らないこと。

子連れでお花見に行くときに、荷物を少なくしようと思うと現地で後悔することが多くあります。

 

荷物の多さは子連れの象徴でもあり、荷物の量は子どものための保険でもあるので、現地調達すればいいや!と気軽に考えていると、現地で入手できなかったりして、持ってくればよかったと後悔してしまいます。

 

とくに乳幼児のお子さまがいる人は、子供の成長とともに持参しなくてはいけない荷物は確実に少なくなるので、期間限定だと思って無理に少なくしない方が賢明です。

~~関連記事~~

めんどくさいママ友からお花見に誘われた!うまく乗り切る方法は?

ママ友とお花見を持ち寄りお弁当で♪簡単レシピを紹介!

Sponsored Links