めんどくさいママ友からお花見に誘われた!うまく乗り切る方法は?

Sponsored Links

普段から大して仲良くもないママ友から、お花見に誘われてしまったらどうしますか?

 

親子ともども仲良しのママ友であれば喜んで誘いに応じることでしょうが、仲良しでもなくめんどくさいママ友とのお花見なんて、正直ゾッとしますよね。

 

どうして、面倒くさいママ友に限ってよけいな誘いばかりしてくるのか?腹が立ってしまいますが、仕方なくうまく乗り切る方法は?

 

今回は、そんなめんどうくさいママ友とのお花見を、適当に上手く乗り切る方法をご紹介します!

Sponsored Links

他の幼稚園ママ友も勝手に召集!

めんどうくさいママ友なんざ、多勢に無勢ということで勝手に他にもいけにえになってくれるママ友を、自分から積極的に声をかけて、ガンガン召集しましょう。

 

仲良しとか、仲良しじゃないなんて正直言ってこの際どうでも良いので、視界に入ったママ友やご近所のママ友まで、手当たり次第に声をかけまくるのです。

 

「お花見って、やっぱり大勢の方が楽しいですよね~」と笑顔で愛想をふりまいて、親が釣れない反応ならばママ友の子どもに声をかけて抱き込めばOK!

 

誘って来ためんどくさいママ友にも、2人っきりよりも大勢の方が子どもも喜ぶし楽しいですよ!とアピールすることを忘れてはなりません。

 

たくさんの人数に声をかけていれば、かならず断れないママ友に遭遇することでしょう。

 

「あんまり気乗りしないかな」「誘って悪かったかな」なんて天使の心は不要なので、ねらったママ友は絶対に逃してはなりません。

 

それでもママ友の召集具合が悪いときには、声をかけたママ友にも誰でもいいから参加してくれるようにと、声をかけてみるのも良いでしょう。

Sponsored Links

短時間で切り上げる!

めんどうくさいママ友から、別に行きたくもないお花見に誘われてしまってストレスが溜まってしまっている人は、短時間で切り上げるようにしましょう。

 

短時間で切り上げるためには、気合を入れたお花見弁当なんて不必要なので、適当にその辺のコンビニのおにぎりとかで問題ないです。

 

じっくりどこかに座らないと食べられないようなお弁当は、面倒くさいママ友とのお花見には不向きです。

 

居心地の悪いラーメン屋やレストランの回転率が早いように、落ち着かない場所でのお花見弁当は、すばやく用件のみで終了させてしまうのが最低条件です。

 

歩きながらお花見をして、自動販売機で買った飲み物を歩きながら飲んでお茶を終了させてから、さらには歩きながらお弁当を食べる勢いで乗り切りましょう。

お花見中の会話はどうでもいい話をする!

めんどうくさいママ友にお花見に誘われちゃったら、ちょっと面倒でも覚悟を決めて、数時間だけお付き合いしてあげるのも良いかも知れません。

 

お互いの子どもを遊ばせながら、オヤツを食べてお茶でもすれば、1~2時間程度なら余裕ではないでしょうか。

 

めんどうくさいママ友との会話は、本当にめんどうくさいでしょうが子どもの話に徹したり、学校行事の話や習いごとの話など、当り障りのない話で乗り切るようにしましょう。

 

そのために、お花見に誘われたときから、どうでも良いおしゃべりネタを脳内に保存しておくことをおすすめします。

 

めんどうくさいママ友が、おしゃべりした内容を他に漏らすことも十分に考えられるので、おしゃべりの内容には十分に気を付けるようにしましょう。

 

おしゃべりが得意でない人は、めんどうくさいママ友の話す言葉に対して、適当な相槌を打ちまくっておけばOKです。

 

ほとんどの人は、聞いて欲しい&聞いてくれるのが嬉しくて、独りで自分勝手におしゃべりしまくる人がほとんどです。

 

だからといって、話の内容が誰かほかのママ友の悪口や口である場合には、ウンウン系のあいづちではなく、あーそうなんだ系の相槌にしたほうが無難です。

めんどくさすぎて乗り気じゃない時には断っちゃう!

お花見に誘われたけれど、めんどうくさいママ友となんて行きたくない!という人も多いと思います。

 

この場合には、もう本当にめんどうくさいので別の日に家族でお花見に行くことが決まってるから!と明るく元気にお断りしちゃいましょう。

 

めんどくさいママ友で、ずうずうしい人の場合には一緒に行きたがるかもしれませんが、義父母も一緒に来るから無理と適当なウソで乗り切るようにしましょう。

 

自分や子どもが花粉症気味なので、お花見は好きじゃないと断るのも上手く乗り切る方法ですよ。

 

お断りの原因が、花粉症であればなかなかグイグイ誘うことはできませんし、どうしても行きたい人の場合は他にターゲットを見つけます。

 

桜の花粉症ではないけれど、桜の木に付く毛虫が原因でかぶれたことがあって、それ以来お花見は行かないことにしているの~なんて断り方でも大丈夫です。

お花見は夜桜見物をすすめる

めんどうくさいママ友にお花見に誘われた場合には、昼間の明るい時間帯ではなく、ライトアップされる夜桜見物に行こうと提案するのもおすすめです。

 

昼間は子ども連れや、近所であれば知り合いのママさん達に会うこともあるでしょうが、夜桜見物であれば小さな子どものいる人はほとんど来ませんよね。

 

めんどくさいママ友は、ママ関係や子ども関係で噂話や陰口、マウンティングなども多いので、極力他のママさんが視界に入らないようにするのです。

 

夜桜見物は、昼間と違ってじっくりゆっくりしている気分にはならないので、時間も短縮できて上手く乗り切ることができるでしょう。

 

めんどくさいママ友と一緒のときには、なるべく人の多い場所を好んであるいて、周囲のガチャガチャした雰囲気で疲れさせてしまうのもおすすめです。

 

上手く酔っ払った人に出くわしたら、酔っ払いのせいにして帰宅を促すことも可能です。

 

夜桜見物は、ふだんから見慣れていない人にとっては幻想的な世界に見えるので、めんどくさいママ友でも意外に楽しく過ごせることもあるかもしれませんよ。

~~関連記事~~

子連れでお花見の持ち物リスト!あると便利で役立つ?荷物を減らす術!

ママ友とお花見を持ち寄りお弁当で♪簡単レシピを紹介!

Sponsored Links