小学校入学が不安なあなたへ…不安はこうして解消される!

Sponsored Links

 

我が子が小学校へ初めて入学するとなると、不安に思うことも山ほどあると思いますが、子どもの学習面や行動面を含めて、小学校でのママ友づくりやPTA役員など不安要素もあることでしょう。

 

小学校の入学式まで、子どもの楽しみとは裏腹に親は心配事が多くて不安な日々を過ごさなくてはならないことも多くあります。

 

幼稚園とは違って、小学校は子どもがお勉強をしに行く場所でもあり、毎日お友だちと元気に遊んで過ごすだけではありません。

 

今回は、小学校入学が不安なあなたに、少しでも不安感を取り除けるように解消法を伝授します☆

Sponsored Links

親が一番心配なのは子どもが学校に馴染めるかどうか

 

小学校入学を控えた子どもを持つ親が一番心配に思うことは、子どもが学校で先生や新しいお友だちになじめるかどうかです。

 

とくに保育園や幼稚園で仲良しだったお友だちと違う小学校に入学する場合などは、その不安が顕著に表れてしまいます。

 

我が子が人見知りをするタイプで、新しいお友だちが作れるかどうか、担任の先生はどんな人なのかなど、心配でたまらないという親御さんも多いでしょう。

 

小学校に入学したら、クラスのお友だちと仲良くできなくてはダメとか、あまり考え過ぎないことが大切です。

 

人見知りの激しい子どもでも、初日からいきなり仲良くするということは無理でも、毎日学校に通っていれば、かならず自分自身で気の合うお友だちを見つけるようになるので、心配し過ぎなくて大丈夫!

 

小学校入学で大事なことは、まずは学校に馴染めるように、親は子どもが困ったときには味方になれるということを言葉や態度で示して安心させてあげましょう。

 

子どもは特別に自分と親しいお友だちがいなくても、意外に学校へは毎日楽しく通うことができる強さを持っています。

 

あまりに神経質になり過ぎて、親がお友だちに仲良くしてね!などと出しゃばり過ぎないように、小学校へ入学してから子どもがどんな成長を見せてくれるのかを、楽しめる心の余裕を持つようにしてください。

Sponsored Links

毎朝時間通りに起きられるか!?

 

小学校へ通うようになると、自分で学校へ行かなくてはならず、幼稚園時代のように親が送り迎えをする習慣がありません。

 

そのために朝は決まった時間に起きて、しっかりと朝食をとってから身支度を整えて、小学校へ行かなくてはなりません。

 

両親が共働きで帰りが遅いので夕食時間が遅くなり、お風呂に入る時間も遅くて寝る時間が遅くなってしまい、朝早く起きるのが苦手という子も多くいます。

 

我が子が小学校に入学する前から、生活時間を見直して時間を整えていくようにしましょう。

 

早寝早起きをする生活習慣を身に付けておくのは小学校に入学してからではなく、幼稚園を卒園してから入学式までの間が基本です。

 

春休みなのに早起きなんてしたくない!と思うかも知れませんが、実際に入学前に早寝早起きの習慣を身に付けさせておくことによって、子どもの小学校入学で苦労することなく過ごせるようになりますよ☆

 

子どもは寝ている時間に成長ホルモンが分泌されて、心も体も大きく育っていくので睡眠時間はかならずしっかりと取るようにしましょう。

 

早寝早起きの習慣を付けてくだけでも、子どもが朝起きれるか、学校へ遅刻していったりしないだろうかという不安感が解消できますね。

勉強がちゃんと出来るかどうか

小学校入学に当たって、我が子がしっかりお勉強ができるだろうかと不安になる親御さんも多くいますが、小学生の勉強ならば誰でもみることができるので、過度な不安や心配は無用です。

 

我が子がどの程度のひらがなが読めて、どの程度のひらがなが書けるのかを確認して、春休みの間に文字の読み書きを強化しておくだけでも、親御さんの不安感が解消されるのでおすすめです。

 

クリスマス頃から書店で売られている、新一年生のための入学準備号を購入して、小学生になるためのお勉強をしておくのも心に余裕がうまれるかもしれません。

 

子どものタイプによっては、数字がキライだったり、字を書くことや読むことが苦手という子もいるので、我が子の苦手な分野を親が優しく丁寧に教えて、褒めながら自信を付けさせていくことも大切です。

 

子ども自身がわかるお勉強であれば、先に予習をしておくことで小学校でお勉強が楽しくなる場合も多くありますが、無理矢理に勉強ばかりをさせるのは禁物です。

 

家で親との家庭学習が楽しければ、小学校での毎日のお勉強も楽しく理解出来るようになるので、まずは家庭で楽しみながら一緒に、適度な時間を割いてお勉強させてみるとよいでしょう。

 
【くもん出版】楽しくお勉強! すくすくノート 入学前のけいさん 1集 B5


【くもん出版】楽しくお勉強! すくすくノート 入学前のひらがなカタカナ B5

生活習慣を身に付けさせる

小学校に入ると、自分の机は自分で整理整頓するようになるので、使ったものはきちんと片付ける習慣を身に付けさせなくてはなりません。

 

今まで幼稚園では先生がやってくれたりとか、家では親が子どもの使いっぱなしの物を片づけてくれたりしていたと思いますが、これからは子ども自身にやらせるようにしましょう。

 

地域にもよりますが、小学校のトイレが和式の場合には、入学前に必ず和式トイレの使い方をしっかりと教えるようにしておきましょう。

 

和式トイレと洋式トイレが半々の学校もありますが、混雑時にトイレに行けなかったということがないように、かならず休み時間にはトイレへ行く習慣と、洋式が開いていなければ和式へ入るという習慣を教えておくのも大切です。

 

小学校入学の際には、トイレに入って鍵をかける習慣や、もし鍵をかけてトイレを出るときに鍵が開かなかったら、大声を出して誰かに気付いてもらうことも教えておきましょう。

 

自分のことは子ども自身が、自分でできるようになるだけでも、小学校入学に関する面での親御さんの不安感は解消されることでしょう。

なんでもポジティブに考えるようにする!

 

小学校入学で不安になるのは当然のことと言えますが、あまりにも神経質になってしまうのは精神衛生上よくありません。

 

ちょっと不安に思うことがあっても、もう幼稚園生じゃなくて小学生なんだから大丈夫!と自分自身に言い聞かせるようにしましょう。

 

親御さんが不安になり過ぎてしまうと、子どもは小学校入学に不安を覚えるようになってしまいます。

 

子どもは親がいない所では、意外にたくましく乗り切っていくことが多いので、なんとかなるだろうとポジティブに考えるように努力しましょう。

 

小学校入学で、我が子はどんな先生になるんだろう?どんな子とお友だちになるんだろう?と子どもと一緒に楽しく考えてみてくださいね♪

 

幼稚園時代にママ友関係で苦労した人でも、小学校に入るとママ友との距離感も環境も一気に変わるので、新しい環境での新しいママ友作りも楽しめますよ!

Sponsored Links