ママ友にお金を貸してと言われた!ちゃんと返ってくる?断り方を紹介!

Sponsored Links

 

子どもを介して知り合ったママ友や、気が合って仲良くなったママ友などにお金を貸してほしいと頼まれてしまって、困っているという人はいませんか?

 

本当は貸したくないんだけど、我が子のことを思うと無下に断ることもできないしどうしたらいいのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

 

ママ友にお金を貸してと言われてしまったら、金額の多い・少ないにかかわらず、どのようにして断るか、または返してもらうにはどのようにすれば良いのかを伝授します!

Sponsored Links

「お金の貸し借りはしない」と断言する!

ママ友にお金を貸してと言われたら、毅然とした態度で「私はお金の貸し借りは絶対にしないことにしているの」と有無を言わさず断言することです。

 

他人に平気でお金を貸してくれという人物に、一般常識の通用する人間は、この世に存在しないといっても過言ではありません。

 

ママ友程度の間柄でお金を貸してほしいという人間は、結論から言えばあなたでなくても、貸してくれる人ならだれでもいいのが本音です。

 

相手を選ばずお金を借りる人間というのは、借りるときだけは低姿勢になって「あなたが貸してくれなくちゃ困る」という態度で催促してきますが、借りたと同時に「お金を借りたこと」を即座に忘れる脳みそを持っています。

 

お金を借りたことを忘れないにしても、お金を返す気のない人間というのも存在するので要注意ですよ。

 

ママ友付き合いというのは、ある程度の期間限定のお付き合いがほとんどで、いずれは音信不通になってしまうことも多くあります。

 

自分の貸したお金を平気で、借り逃げする人間もいるということを頭に置いておくと良いでしょう。

 

ママ友にお金を借りようとする人間に、まともな人間は存在しないと断言できるので、貸さないことによってママ友関係が終了したら、悪影響を及ぼす人間と縁切りができたと思って、新たに常識のあるママ友を作るようにしましょう。

Sponsored Links

「絶対返すから!」はお金を借りるママ友の常套句

不倫をするママ友が「旦那が仕事ばかりで家庭を顧みないから」とか「寂しかったから」と言うのと同じように、ママ友にお金を借りようとする人間の常套句は「絶対返すから!」です。

 

他人にお金を借りておいて、絶対に返すのは「青信号になってから渡る」のと同じぐらいごく当然のことなのですが、やたらと「返すから」を繰り返すような人間に、絶対に返す人間はいません。

 

ハッキリ言っておきますが、ママ友にお金を貸して自分が困ることはあっても、貸さなくて困ることなんてなにひとつないんです!

 

「絶対に返すから」と何度も言われて、絶対に返してくれるって言ってるし今回だけは特別に貸してあげようかな…なんて思うあなたは、相手の思うツボです。

 

「人をみたら泥棒と思え」というコトワザがあるように、「ママ友に貸した金は返ってこないと思え」が原則です。

 

このようなママ友相手にお金を貸すということは、返してもらわなくてもいい!という人以外は絶対に相手にしてはいけません。

 

例外に、普段から家族ぐるみでお付き合いのあるようなママ友や、昔からの長い付き合いというママ友と一緒にお出かけや買い物中に、うっかりお財布を忘れてしまったから「お金を貸して」は、ちゃんと返してもらえるハズ。

 

相手の信用度が低いママ友の場合には、絶対に返すからと言われても、「あ、ゴメン。無理」とその場にママ友を置き去りにして素早く立ち去るようにしましょう。

少額を何度も貸してというママ友は要注意!

ある程度のまとまった金額ではなく、自動販売機の飲み物代金ぐらいの小銭を、何度も借りようとするママ友もいます。

 

この手のママ友は、借りたことなんて覚えてもいないし、覚えていたとしても「それぐらいいいじゃん」という思考回路の持ち主です。

 

恐らく、どのママも飲み物代ぐらいでとやかく言って、あとで陰口を叩かれるぐらいなら、少額だし貸しておこうと思う人が多いと思いますが、そこがママ友の思うツボなんです。

 

人間は、たかが5円・10円でも借りた金はキッチリ返すのが一般常識、少額だから借り逃げしてもいい決まりなんてどこにもないんです!

 

一般的な消費者金融だって、利息返済分の十数円単位まで、あますことなくキッチリ取り立てる規則があるんですから、たとえ少額でもかならずママ友から取り立てるようにしましょう。

 

この程度の小銭の返済催促は、「今どうしても小銭が必要だから、この間貸した○○円返して」と有無を言わさぬ取り立てが肝心です。

 

「今持ち合わせがない」と言われたら、のちに自宅まで返済の催促にお伺いするのもおすすめです。

 

ママ友に貸したお金は、どんなに少額でもかならず返してもらう人間だということを、相手に理解させておくとむやみにお金を貸してと言われることはなくなりますよ。

お金を貸してと言われたら「借用書」を用意する

ママ友にお金を貸してと言われたら、「じゃあ借用書を書いてくれる?」とママ友に一筆書いてもらうようにするのがおすすめです。

 

借用書には、貸し主であるあなたのお名前と何月何日に、いくらの金額を貸して、返済日は何月何日までと、借主であるママ友の名前を書いてもらい、印鑑を押してもらいます。

 

印鑑なんて持ち歩いてないわ!という場合には、取合えず母音でも押してもらうようにしましょう。

 

ママ友から頻繁にお金を書いてと言われて断れないでモヤモヤしている人や、一度も返してもらえていないという人には、法的効果のある借用書がおすすめですよ。

 

返す当てもなければ、返す気もないママ友には借用書に一筆書かせるというのは、本当に効果があります。

 

約束の期日までにお金を返してもらえなければ、自宅へ出向いて旦那さんに返済をお願いするか、法的手段に出ちゃいましょう。

「ちょっと立て替えておいて」にも要注意!

ママ友ランチやお茶会、飲み会などで「今、丁度の金額がないから立て替えておいて」といって、お金を返さないと言うママ友もいます。

 

この手のトラブルを防ぐためには、立て替えておいてと言うママ友には別会計をさせることが鉄板です。

 

レジが混んでいようがイヤな顔をされようが「立て替えられる額がないので別会計で」と図々しく頼むか、自分が丁度の金額で払えるようならば、ママ友に渡して会計してもらいましょう。

 

会計時のお釣りを自分のものにしてしまう、貧乏くさいママ友もいるので要注意ですが、個人的な意見を言わせてもらえば、ママ友の人間性を見極められるチャンスでもあります。

 

お金の支払い方に関していうと、払うべき時に自分のお金を払わないママ友や、金払いの悪いママ友との関係は、断つことはあっても続行させるべき理由はありません。

 

どうしても付き合いで行かなくてはならない場合には、かならず自分はキッチリ払えるように、千円札や百円玉、その他の硬貨などをあらゆる金額にも対応できるようにしておきましょう。

Sponsored Links