ママ友がめんどくさい理由は?みんなの対処法を紹介!

Sponsored Links

 

「ママ友」って、ハッキリ言って自分のお友だちじゃないし、子どもが存在しなくては成り立たない関係のお友だちですよね。

昔からの気心知れた友だちなら、めんどくさいと思うことってないけれど、子どもが仲良しだったり、子どもが同じクラスというだけの関係でのお付き合いなので相性的に問題のある人もいます。

人付き合いの苦手な人は、子どもを通してのママ友関係は本当にめんどくさいと感じるのではないでしょうか。

誰とでも仲良くできるタイプの人や社交的な人は率先してママ友作りに励むと思いますが、声をかけられることすらめんどくさいと思う一匹オオカミタイプがいるのも事実です。

今回は、ママ友がめんどくさいと思われる理由や、そんなときの対処法をご紹介しましょう。

Sponsored Links

めんどくさいと感じないママ友を作ろう!

ハッキリ言って、ママ友ではなく「友だち」と呼べる関係性を築くのが、子どもを持つママにとって望ましい関係といえます。

わかりやすく言えば、始めのきっかけは互いの子どもを通しての関係だったとしても、我が子は関係なく気軽に話せたり、子ども同士がケンカをしていてもママ同士は変わりなくお付き合いできる関係です。

過剰に気を使ってしまう相手は、後に必ずめんどくさくなってしまいます。自分の精神状態の良いときばかりではないので、気を使うママ友だと、自分がつかれてしまうのです。

つかれているときや気分が乗らなくて誘いを断っても、ママ友関係がくずれるようなことのない人とママ友になれるようにしましょう。

Sponsored Links

子どもが赤ちゃん時代は、自分の子どもと比べがち

子どもが生まれてから、何かの縁でできたママ友とは同じ月例ぐらいの子どもを持つママと仲良くなりますね。

実はこれが意外にトラブルの素なんです。

同じ月例の赤ちゃん同士で、うちの子は寝返りができたとかハイハイできたetc…とにかく比べたがる人っているんです。

赤ちゃん時期は、とにかく個人差が激しいのが特徴ですが、先にできるようになったからといって、すごいことはないのですが「うちの子の方が勝った」と本気で思うママ友もいます。

1歳を超すまでの赤ちゃんを持つ、めんどくさいママ友に、子どもの体格や成長具合などを自慢された場合の対処法はとにかく褒めることです。

性別を問わず、「早いね~」「すごいね~」「かわいいね~」といっておけば、ママ友付き合いを円滑に進めることが可能です。

「〇〇ちゃん(くん)、ちょっと遅いんじゃない?大丈夫?」なんて言われても、完全にスルーしてお付き合いしましょう。

あまりに度を越してめんどくさいと思う場合には、ガマンしてお付き合いする必要もないので気配を消しつつフェードアウトするようにしましょう。

子どもが歩けるようになると、ママ友ワールドが広がる

赤ちゃん時代は、常にママが抱っこして子どもを連れ回るのが普通ですが、1歳を過ぎて歩けるようになるとママ友の世界が広がります。

活発に動く子どもを、お散歩や公園に連れて行くと同じようなママさんがたくさんいます。

ママ友同士で来ている人もいれば、自分と子どもだけという人も意外に多く、何度も顔を合わせているうちに話をするようになったり、仲良くなっていっしょに遊ぶようになったりします。

児童館などで仲良くなると、未就園児のママ友は上に幼稚園や小学校に通っている兄弟姉妹がいない場合、子どもとベッタリで時間的にも余裕があるので密な関係を望むママ友もいます。

子どもの健康面や生活面で相談できたり情報収集できることは魅力なのですが、うっかり家に招いてなかなか帰ってくれなくて困るなんてこともあります。

子どもを連れて突然アポなしで家に来るなんてことも結構あるので、突撃訪問が苦手な人はしっかりと遊べる時間を伝えることと、断る勇気が必要です。

同じ幼稚園や保育園に通わないママ友とは、入園と同時に疎遠になりがちなのも特徴です。

幼稚園時代のママ友はめんどくさいことが多い

抜きでママ友同士でお茶したり、ランチしたり、互いの家を行き来したりする機会が増えます。

朝、幼稚園に送ってからお迎えの時間までをどちらかの家で過ごしたり、子どもの年齢の中で一番ママ友の世界が密着している時代といっても過言ではありません。

とくに年少さんの場合は保育時間も短く、親同士も子どもが幼稚園に行って時間が空くのと、子ども同士でのトラブルなど不安が多くママ友同士でくっ付いていることで安心感と仲間意識がうまれるのでしょう。

未就園時代のママ友と違って、人数的に一気に増えるので相性などの問題もあり、ママ友同士で陰口などが増えるのもこの年代の特徴です。

子ども同士が仲良くなくても、同じクラスのママ同士の結束は意外に強く、Lineで頻繁に連絡を取り合うこともあり、着信音がノンストップで鳴り響くなんてこともあります。

幼稚園時代のママ友は、各学年ごとにクラス替えがあれば必ず変動します。今まで互いの家に行き来していたのが急にバッタリなくなったりすることがあるので、そういうものだと思って過ごしましょう。

子どもが小学生になるとママ友は減る?

小学校に入学すると、幼稚園時代と比べてママ友付き合いが少なくなります。

子どもが学童保育に入れることもあって、働き始めるママも多いからだと思いますが頻繁なママ友ランチやママ茶会が減ります。

クラス全員ママで仲良くするというよりも、気の合うママ同志でじっくり付き合う感じに変化します。

習い事を始める子どもも多く、新しい環境でのママ友ができることもありますが、習い事は子どもの出来不出来が顕著に出るので、僻み&やっかみが伴います。

勉強が始まるので、クラスで誰が賢くて、誰が賢くないかということも子どもを通して親全体にも知れ渡ってしまうというオプションも付いています。

運動が良くできる子、勉強が良くできる子を持つママは妬みの対象になるので覚悟しておきましょう。

子どもが大きくなるとママ友は不必要

中学生ママは、子どもが受験の時にはママ友同士の情報交換は必須だと思いますが、実際に役立つ情報は卒業式のお召し物程度です。

子どもの勉強は、親が補えなくなる年齢でもあり塾通いし始めるので、同じクラスのママ友といっても子どものためになる情報はほとんどありません。

せいぜい近所のスーパーの特売情報ぐらいです。

一種独特なママ友世界で悩んだりするのは、本当に子どもが小さいうちだけなので、ドロドロした女性特有のトラブルも含めて「数年のこと」と割り切って楽しみましょう。

ママ友関係でとにかくトラブルを起こさないためには、断る時にはハッキリと。無理して付き合わないようにする。これが最大の対処法です。

Sponsored Links