ママ友との距離感がつかめない?間違えると大変なことに!

Sponsored Links

 

ママ友との距離感ときいて、どの程度の距離を保ってお付き合いすればいいのか、よくわからない人が多いのではないでしょうか。

 

子ども同士の仲がよくてそこからなんとなくママ友に発展した人もいれば、子どもよりも先にママ同志が仲良くなってママ友になったという人もいるでしょう。

 

そしてなぜ、ママ友では距離を上手にとることが必須なのかというと、元からの友だちでなく、子どもを介して知り合っただけの関係性だからです。

 

友という言葉は付いているけれど実際には友達ではないという人も多く、知り合いに毛が生えた程度の関係性を維持している人も多いでしょう。

 

今回は、ママ友とどのぐらいの距離感を保ってお付き合いするとトラブルになりにくいかをご紹介します!

Sponsored Links

ママ友は期間限定で一年ごとに変わる可能性もある!

 

今まで全く知らなかった人と、子どもがいるというだけで子どもをメインとしたお付き合いが始まります。

 

ママのタイプにもよりますが、社交的な人であれば自分から話しかけたりしてママ友を作ることでしょうが、逆に話しかけられてママ友になる人もいますよね。

 

自分から話しかけるママと違って、話しかけられるママの方が、ママ友との距離に悩みを抱えている人が多い気がするのは私の気のせいでしょうか。

 

子どもが同い年で同じ性別なんていうと、つい子どもの話で盛り上がってしまうこともあると思いますが、子どもが幼いうちは仲良しのお友だちがコロコロ変わるのが特徴です。

 

ママ同志が仲良くなって、子ども同士は互いに興味もないし遊びもしなくても気にならない場合には、一年で変わるということはないかもしれませんが、大半のママは子どもの仲良しとともにママ友も変わります。

 

なので、最初から思いっきり親しくなるのではなくて、子どもの話を共通点としてあまりプライベートな話はしない方が賢明です。

 

どこでも見かけられる光景ですが、仲良くなったママ友に話し過ぎてしまって、年度切り替えで別のクラスになったとたんにママ友が変わり、仲良くしていたママ友に話したことが色んな人に筒抜けだったなんてこともあるのです。

Sponsored Links

ママ友に話すことは他の人に知られても良い話だけにする!

 

子どもを通して知り合ったママ友には、まず何でも話すのだけは絶対に避けましょう。

 

逆に初対面のママ友にプライベートなことを聞かれても答える必要はありませんので、適当にスルーしてしまってOKです。

 

子の話は、別に誰かに聞かれても話されてもかまわないというような、損にも得にもならない話だけを選りすぐって話すようにしましょう。

 

相手が信用できるかどうかもわからないのになんでもかんでも無防備に話してしまうのは、絶対に避けなくてはなりません。

 

ママ友によっては、自分や家族の重たい話を世間話と同じ感覚で話す人がいて、こんなに話してくれるなら、自分も腹を割って話せるかも?と勘違いしてしまう人がいますが、開いては何も考えずに話しているだけなので、迂闊に自分のことを話してはなりません。

 

必ず「この人はいつまで、自分とママ友関係でいるんだろう?」と自問するように意識すると、ムダにプライベートな情報を提供することなく、距離感が保てます。

ママ友は一生涯続く関係ではない!

 

子どものママ友って、子供の成長によって変化することはあっても、一生涯そのお付き合いがあるかと言ったら、ほとんどないといえると思います。

 

幼稚園時代のママ友は、お付き合い方法を間違えてベッタリした関係を築いてしまうと、子どもの卒園まで地獄のようなママ友関係ができあがります。

 

ですが、年少から年長までの3年間を絶えしのげばあとは同じ小学校に行くとも限らないので、なんとかなることも多いものです。

 

小学校に入学すると子どもが自分で通学するようになるので、親の出番はPTAやクラス役員などにならない限りは、ムダにお付き合いする必要がなくなります。

 

低学年のうちは、学校のことやら何やらで親同志のつながりも必要に感じるかもしれませんが、そんなものの最初だけで、卒業まで一貫して続くわけではありません。

 

子どもが中学校に入れば、ママ友付き合いもほとんどなくなり、受験期に差し掛かる頃に互いの子どもの賢さを、心の中でこっそり比べる程度の薄い関係ができあがります。

 

ここまでくると子どもが高校生になればママ友なんて一切いなくなりますから、無理して付き合うママ友なんて必要がないのが実感できると思います。

 

妬んだり妬まれたり、濃密なママ友付き合いは良いことがないのが特徴なので、程よい距離でお付き合いしなくてはなりません。

ママ友と互いの家を行き来することは避ける!

 

距離を間違えて大変な思いをしてしまいがちな人の中には、ちょっと親しくなったママ友をすぐに自宅に招いたり、家にあげてしまうことです。

 

本人はそのときに仲良しだから構わないと思うのでしょうが、一度でも家に上がらせてもらったママ友は、今後も自宅訪問すれば上がらせてもらえると思ってしまいます。

 

なにかに付けて互いの家を行き来するようになると、仲良しのときはよくてもどちらかの気持ちに歪みが生じたときに鬱陶しく感じてしまうものです。

 

どうしても相手の家を尋ねる場合というのもあるでしょうが、習慣化せずに玄関先で済ませられるようにしておくと後悔するような距離感を避けることができますよ。

自宅ランチや自宅でのお茶会などを避けて、なるべく外で済ませるだけでも一定の距離感を保つことができます。

Sponsored Links