入学式は着物で!母親の失敗しない色の選び方や髪形も紹介!

Sponsored Links

 

晴れやかな入学式には、どんな洋服を着ようか悩んでしまいがちですが、日本古来よりの伝統衣装である着物での参列も素敵ですよ。

卒業式と違って、パステルカラーや明るい感じのファッションが多い入学式では、もし衣装選びに迷ってしまったら着物を選んでみましょう。

着物姿で参列したら、自分だけ周囲のママから浮くのではないか?と心配するママも多く敬遠されがちですが、着物は正装であり、日本文化の象徴でもあります。

着物には、いくつかの種類があり、入学式にふさわしい着物や髪形をご紹介しましょう。

入学式には『訪問着』がおすすめ!

自分の成人式で着物を購入した人は、その振袖を後に訪問着に作り替えて、嫁入りに持参しているという人もいるのではないでしょうか。

訪問着を着用する機会は、結婚式やお茶会、入学式や卒業式、各種パーティーなどさまざまですが、入学式は華やかな式典ですので、多少の着物の派手さは問題ありません。

訪問着の柄は着物を広げると柄が繋がっているのが特徴で、とても華やかな印象を与えるので入学式にはピッタリです。

時代によって着物にも流行り廃りがあるので、もしも自分の訪問着に通常とは違う趣向が凝らしてあるもの(襟や袖にレースやフリル付きなど)がある場合には、その着物は避けるようにしましょう。

レンタルする場合には、ピカピカした光沢のある訪問着ではなく、色全体が落ち着いた感じの、あまり大柄ではない和柄を選ぶようにしたほうが賢明です。

色は何色でないとダメ!ということはありませんが、入学式なので黒い色や暗い色は避けた方が無難です。

昔の訪問着には必ず家紋が入っていましたが、最近の訪問着には家紋の入っていないものも多くあり、これは特に問題はありませんが、家紋があった方が格上に見られます。

Sponsored Links

訪問着ではなく色無地や付け下げでもOK!

着物には種類があるのはご存知だと思いますが、訪問着でなくても付け下げや、色無地でも入学式の参列にはまったく問題がありません。

なにがどう違うのか?よくわからない人もいると思いますが、色無地というのは、単色で柄が一切ないものを言い、付け下げは訪問着よりもお値段的にも手軽なお着物です。

着物に詳しい人や呉服を取り扱う人でなければ、一般の素人さんには訪問着か付け下げなのか見分けは付きません。

しかしながら、訪問着と付け下げでは着物の柄が違うので、付け下げは訪問着に比べると柄も小さく、ゴージャス感に欠けますが、着物を着ているという印象は強いので貧乏くささなどはありません。

お値段的に訪問着は高いので、経済的にすませたい人には、付け下げがおすすめです。

色無地は着物自体に柄はありませんが、地織の美しい模様があるのでとくに地味ではなく、着物の格では付け下げよりも格上になります。

色無地は目立ち過ぎることがない上に、品格と知性をアピールできて上品そうな印象を与えるので、あまり派手にしたくない人には色無地は絶対的におすすめです。

色無地の場合には、帯や小物で華やかにすることもできるのでそれほど地味にならずに、入学式にふさわしい着こなしをすることができます。

Sponsored Links

自分の年齢にふさわしい色のものを選ぶ!

 

入学式で着物を着る場合には、我が子と同じ色の着物で親子コーデとか、アホなことは考えずに自分の年齢に合せたものを選ぶようにするのがポイントです☆

例えば40代ママが、異常に明るい光沢のあるピンクや、真っ赤でど派手な柄の着物を着ていたら陰で「あの人、七五三かしら?」と笑われることは避けられません。

同じピンクでも、年令を増すほどに落ち着いたものを選ぶようにして、周囲から浮かないように努力しましょう。

帯も帯揚げも、二十歳の成人式の時に使ったものでは40代ママなどには浮いてしまうので、必ず着物とセットで選ぶことが重要です。

新入学生のママなので、ちょっと自分をアピールし過ぎて旅館の女将さんや芸者さんのような姿にはならないように注意しましょう。

訪問着や色無地、付け下げに対する帯の結び方は、落ち着いたお母さんの雰囲気を出すためにも、お太鼓結びがふさわしいでしょう。

成人式に多い華やかな帯結びの、ふくら雀、文庫、縦矢結びは、自分が20代の若いママと言えども避けるようにしましょう。
若い独身女性が着ると、華やかさが演出されて、美しさを引き出すことができますが、子持ちのママがそのような帯の結び方をすると、自分の頭の悪さをアピールすることになるので要注意です。

入学式に着物を着る時の髪型は?

 

入学式なので多少華やかなヘアスタイルでも問題はありませんが、あまりに強烈な盛ろ髪や、ど派手なスタイルは避けるようにしましょう。

ロングヘアの場合には、自分で髪の毛をアップにまとめたり、夜会巻きにして和風な髪飾りを付けるだけでも、素敵に見えます。

着物姿には、髪の毛が襟にかからないようにアップにしてまとめたスタイルが一番似合うので、自分でアレンジするのが苦手な人は美容院にお願いするようにしましょう。

髪の毛が短い人は、片側のサイドをねじったり編み込んだりするだけでも華やかな印象を出すことができます。

思いっきりショートヘアの人は、既にスッキリ感が出ているので、ちょっと大きめの和風なヘアアクセサリーを付けるだけでも素敵になりますよ。

華やかさを演出するために、ヘアアクセサリーは絶対的に必要ですが、自分に合ったものがない場合には、お花屋さんで生花の髪飾りを作ってもらうのもおすすめです。

あまり大きくなり過ぎないように、自分の頭のサイズと、付ける位置を打ち合わせながら花材を決めるようにしましょう。

ねじり編み込みなどに、カスミ草を差すだけでも、自分の好みで無かったり不似合いな和風のヘアアクササリーを使用するよりはまとまった感じが出せるでしょう。

Sponsored Links