入学式にビデオ撮影っていいの?マナーや上手な撮影方法とは?

Sponsored Links

 

子どもの入学式は、人生の記念すべきイベントなので、親のビデオ撮影にも気合が入るのが当然で、入学式のためにわざわざ新しく購入する人までいるぐらいです。

ごく稀に、入学式や学校のイベントごとなどでのビデオ撮影を禁止している学校もあるので、入学式前に必ずチェックしておくのも忘れてはいけません。

そして、我が子の晴れ姿を撮影したいあまりに自分中心になってしまい、周囲の保護者に気遣いを忘れてしまう人も多いので、のちのママ友関係にヒビを入れないためにも常識を持って撮影しましょう。

今回は、入学式のビデオ撮影での基本的な、一般常識を伝授します☆

Sponsored Links

ビデオ撮影をする時はジャマにならないように!

 

入学式の会場には、新一年生の保護者がごっそりといてどの人も必ず我が子の晴れ姿を写真やビデオに収めている姿が見受けられることでしょう。

我が子の姿を取りたいのは正直誰でも同じなので、自分だけがいきなり他の保護者の前に飛び出して撮影するような真似は絶対にしてはいけません。

もうちょっと隣だったら我が子の姿が良く撮れるのに!ということもありますが、隣の人を押しのけたり、図々しく覆いかぶさるようなことは絶対にやめましょう。

自分の手持ちの携帯電話では、よく撮れないかも知れないと思う人は、入学式前にしっかりと確認して、新たに高性能ビデオを買い込んでくるのも手段です。

ズームが効かないからといって、我が子だけをビデオに納めながら移動しているという見苦しい親御さんも見受けますが、のちのママ友付き合いにおいて苦労することになるので注意しましょう。

自分では気づかないかも知れませんが、角度を変えながらビデオ撮影をしている保護者は、ハッキリ言ってジャマでしかありません。

ビデオ撮影してもいいけれど、とにかく動かずにジッとしながら取るように心がけてくださいね。

携帯電話以外でのビデオ撮影で本気で撮るのであれば、入学式の会場で一番後ろに陣取り、ステージや会場全体が納まるようにすると良いでしょう。

我が子を撮る場合には、思いっきりズームを効かせて撮影するのもよいですが、顔よりも全体像を撮った方があとからビデオを見た時に、子どもも会場の雰囲気を楽しむことができますよ♬

Sponsored Links

キャピキャピ騒がない!

 

入学式でわが子をビデオで撮影する場合には、とにかくおとなしく撮影するように心がけましょう。

わが子の名前を呼んで手を振るなんて言語道断です。

入学前から知り合いのママ友と一緒になって、キャピキャピ騒ぎながらビデオ撮影するのも、周囲のひんしゅくを買うことになるので避けることです。

最も多いのが、入学式の入退場シーンで、わが子やママ友の名前を大声で呼んで自分の方を向かせて写真やビデオ撮影をする保護者ですが、周囲の方々に迷惑なのでやめましょう。

入学式の最中に自分の子どもにしか興味のないママがやりがちなのが、我が子に関係ない子どもの場合には、大人しくしていることが出来ない人もいます。

周囲の人に話しかけたり、知り合いや仲良しのママと一緒に固まって座りしゃべり込んだり声のトーンも考えられない人もいますが、他のママをイラつかせる原因になるので要注意です。

子どもだって、静かにしなさいと教えられれば必ず静かにしているのですから、子どもの手本になるべき保護者が騒いで先生方に注意されるのはみっともないです。

入学式というのは式典であって、座談会の場所ではありませんから、いくら仲良しのママがいても式典中のおしゃべりは避けましょう。

ビデオ撮影に三脚は使わない!

「三脚 イラスト」の画像検索結果

最近の入学式ではビデオ撮影に三脚を禁止している学校も多くあり、使えるにしても会場の一番後ろなど場所が決められていることがほとんどです。

入学式は、子どもの数によっても変動しますが、意外に長丁場なので式典すべてをビデオに収めようと思うと三脚なしでは重労働を強いられます。

遠方に住んでいる子どもの祖父母にも、入学式を見せてあげたいとか、我が子の記念にビデオ撮影をしたい気持ちは十分にわかるのですが、でも一般席での三脚使用はダメです。

ビデオ撮影をしている本人は、我が子を撮るのに必死なので気付かないのでしょうが、三脚って本当にジャマ!他人のビデオや写真にも平気でうつり込んでしまうんです。

ビデオ撮影をしたいのはあなただけではないので、翌日や翌々日の肩凝りを承知でしっかりカメラを握って、我が子の晴れ姿を撮影してくださいね。

下に小さい子どもがいて、ビデオ撮影がしにくいので三脚を使って撮影しようと思う人もいるようですが、親が撮影に熱中している間に、他人の三脚に触ったり、ウロチョロしてぶつかったりするので、十分に注意しましょう。

ビデオ撮影をするなら一カ所で!

入学式で我が子の姿がきちんと見られるときは、新入生の入退場の場面と新入生の名前を呼ばれるときぐらいですが、席を立って撮影するのは禁止です。

自分の場所から絶対に動かないという鉄の意思を持って、ビデオ撮影に挑みましょう。

逆に、みんなが撮っているからとビデオ撮影をする人もいますが、入学式後に自宅で本当にそのビデオを見返すことってありますか?

撮ることは撮ったけど大して楽しくもない式典ものなので、撮ったことに満足してみ返さない人が多くいるのも事実です。

入学式って、運動会や発表会と違って、みていてとくに楽しくもないし華やかでもないから、祖父母以外にみせても喜ばれないし、何度も見るものでもないんですよね。

もし、今までにビデを撮影をして見返したことがないという場合には、ビデオを撮影をせずに、写真撮影だけで自分の記憶に焼き付けておくのもおすすめです☆

Sponsored Links