ママ友にモヤモヤする・・・考え方が違うタイプと付き合う方法は?

Sponsored Links

 

子どもを通して仲良くなったママ友に対して、自分の考えかたと違ったり、子どもに対する接しかたや教育方針、行動面などいろいろなことにモヤモヤしてしまうことって、ありますよね。

自分の子どもとママ友の子どもは上手に仲良く遊べるのに、なぜか自分とママ友はなんとなくモヤモヤしてしまうという人も少なくないでしょう。

ママとかパパとか子どもとか関係なく、人間だれでも考えかたは違うのが当たり前ということは百も承知なのですが、ど~してもモヤモヤしてしまうママ友とのお付き合いって、むずかしいですよね。

ママ友と一緒にいることが苦痛でしかたがないレベルまで発展させて揉めるよりも、モヤモヤの段階で対処しておいた方がなにかと好都合です。

今回は、ママ友にモヤモヤしなくてすむような、お付き合い方法をご紹介しましょう。

Sponsored Links

モヤモヤする原因をつきとめよう!

ママ友付き合いにおいて、まずいちばん最初にしなくてはいけないことは自分の価値観と相手の価値観が合うかどうかを見極めることですが、実際には子ども同士が仲良くなかったら親同士も仲良くならなかったと思う人もいます。

子どもが未就園児で、児童館やサークルなどでしか会うことのないママ友ならば、適当にフェードアウトして別のママ友を探すこともできますが、幼稚園児や小学生ママにはなかなか厳しいでしょう。

ママ友にモヤモヤしちゃうときには、そのママ友とは1対1ではなく、複数人のママ友と一緒に合うようにするとか、接するようにすればモヤモヤ度はダウンします。

どうしても深く濃いお付き合いをしなくてはならないママ友の場合には、ちょっと距離を置くようにするだけでも気分的に違います。

そして、自分がママ友のどんな部分や、どんなことにモヤモヤするのかしっかりと把握するようにしましょう。なんかわかんないかでモヤモヤ~ではなく、必ずモヤモヤするのには理由があります。

あまりに複数のママ友に対してモヤモヤする人は、自分に問題があるということも理解できて楽しめるので、ぜひ理由を考えてみてください。

Sponsored Links

ママ友にモヤモヤしている人は自分だけじゃない!

自分のママ友に対して、モヤモヤしちゃうのって自分だけじゃないって知ってました?

意外にもママ友の多くが相手に対してモヤモヤしてるんです。

それをうまく隠して付き合っているだけというのがママ友界の実情です。

ママ友って、古くからの友だちじゃなくて、子どもの児童館が一緒だとか、幼稚園や小学校が一緒というだけのほとんど共通点のない人ばっかりです。

なので、なんとか共通点を見つけ出したくて、初めて会ったばかりなのに旦那の職業とか給料とか、子どもの人数やら住んでいる家の場所や部屋数、間取りなどを刑事のごとく聞き込み調査する人が多いのです。

流行り(?)のカースト制度による聞き込み調査を行うママ友には、自分の方が優位に立ちたい悪意が込められていますが、共通点を探して聞き込むママ友刑事には悪意がなく興味しかないので遠慮もありません。

そのため、彼女たちの言動や行動のすべてにモヤモヤしてまうことがあります。

これは、ママ友付き合いをしている人であれば必ず経験することなので、モヤモヤしない人の方が少ないといえるでしょう。

すべてにおいて適当なお付き合いを心がける

人生適当でものごとが上手くいくように、ママ友とのお付き合いも適当でママ友界はすべて上手く回るようになると断言しましょう。

せっかくのご縁なんだし、ママ友とは子どもが成人するまでじっくり深い付き合いをしたいわぁ~という人は置いておいて、転勤族のママや面倒なことは避けたいタイプのママ達は相手に深く入り込まないお付き合いをすることをおすすめします。

子ども時代から、女子ってとにかく群れるのが大好きな生物なので、大小かまわず特定の相手だけを対象としたチームグループができるのも特徴です。

この特定のグループや、特定のママ友の中で、波風を立てずにある程度の年月を過ごすのであれば、とにかく適当に会話を聞き流して、適当に相手の行動を見逃し、腹を立てないようにするのがいちばんです。

適当なお付き合いに欠かせないのは、場に見合った適当な返答の仕方を覚えておくと役立つでしょう。

他のママ友などに対する陰口や悪口には「へぇ~、そうなんだぁ~、あぁ~、ふぅ~ん、大変なんだねぇ~」と、かわいらしさの中にバカっぽく返答するのがコツです。

相手に自分の考えや価値観を押し付けない!

ママ友にモヤモヤしてしまうのって、自分の価値観や考え方にそぐわないのが原因でしかありません。

本来ならば、自分の価値観や考え方、好きなものや趣味などが同じ相手と時間をかけて仲良くなって友だちになりますが、ママ友は子どもを通しての関係なので、ハッキリ言って好き嫌いや価値観などは関係ありません。

子どもが仲良しのお友だちのママよりも、特に子ども同士は仲良くなくても、何となく気が合いそうだと思うママの方が仲良くお付き合いできることもあります。

自分はこうだから、相手にもこうして欲しい!というのはママ友に求めてはいけません。

ママ友に対して、自分で勝手にイメージを抱いて、この人はきっとこんな人だろうと決め込むのもママ友付き合いには危険です。

モヤモヤするママ友の行動や言動、子どものしつけ方に対してモヤモヤし過ぎて夜眠れないとか、精神状態が穏やかでない場合には、残念ですが疎遠にするのが最適の方法です。

モヤモヤするママ友を好きではない人を探し出して、一緒になって悪口や陰口をいうことは、後のトラブルを招くことになるので絶対にしてはいけません。

Sponsored Links