ママ友に話しかけられないのはどうして?人見知りを治す方法はある?

Sponsored Links

 

なぜか、自分から率先してママ友に話しかけることのできない人っていますよね。

それに加えて、これまたなぜか?ママ友から話しかけてもらえない人というのも、います。

単純に、他人に対して興味がないので話しかけることがない!という人もいるでしょうが、とくに自分で思い当たることがないのに話しかけられないという人もいるでしょう。

今回は、ママ友に気軽に話しかけてもらえるような、柔らかい雰囲気の出し方や、人見知りを改善する方法をご紹介します☆

Sponsored Links

話しかけられやすそうな雰囲気を醸し出すこと!

 

どうして、ママ友に話しかけられないのだろう?と考えるママさん、表情や雰囲気は固くないですか?

近寄らないでオーラは出ていませんか?

人見知りタイプのママさんは自分では気付いていない人も多いのですが、意外に自分自身で、話しかけられにくい雰囲気を醸し出していることが多くあります。

人見知りを改善したかったら、自分から徹底的に挨拶をすること&挨拶をするときに、かわいらしくニコッと微笑むようにしましょう。

これだけでも、挨拶だけで終了せずに、世間話や自己紹介などに移行していくケースが多く見受けられます。

それと同時に、話しかけられないママさんってどこか忙しそうな雰囲気を醸し出していて、引き留めるのも申し訳ない感じがします。

自分は人見知りだと、自覚のあるママさんは、挨拶をするときには歩きながらではなく、きちんと相手の前で立ち止まって相手に話しかける隙を与えるようにしましょう。

服装も、カジュアルなものやふんわりした印象を与えるような洋服を着ると、気安く話しかけられやすくなりますよ。

Sponsored Links

相手と仲良くなりたいという意思表示をする!

 

話しかけられないママさんは、なんとなく1人でかまわないし、1人が好き!という強い意思を感じさせられることが多くあります。

また、極度に人見知りのママさんの場合には、いつも異様にオドオドした感じの態度をしているので、話しかけたら面倒くさいことになりそうだなと、警戒心を抱かせてしまう場合もあります。

なぜか話しかけられないという場合には、相手のママさんと仲良くなりたいという意思表示をするようにしましょう。

話しかけることは、共通の子どもの話がいちばん話しやすく、相手のママも返答しやすい上に当り障りがない話なので、おすすめです。

 

極度の人見知りのママの場合には、子どもの名前と、自分の名前を自己紹介して、手っ取り早く「仲良くしてくださ~い」と、アピールしてしまうのも良いでしょう。

 

自分が仲良くしたいと思うママさんを、外見や雰囲気なども考慮してから、愛想良く笑顔で話しかけるようにしましょう。

 

ママ友同士のお付き合いは、第一印象が肝心なので、暗い雰囲気や自身のない素振りを見せないように、十分に注意しましょう。

会話ができない人はいない!

 

初めての人と、何を話していいのか迷ってしまったり考え過ぎてしまうことによって、話ができないというのはありますよね。

 

でも、普通に他人と会話ができなという人は絶対にいませんし、なにか自分の話せる話であれば、人見知りのママさんだって話すことができます。

 

ママ友との会話で話しやすいネタと言えば、子どもの話や幼稚園、学校関係の話ですが、その他にも適当にお天気などの世間話も自分にとっても相手にとっても話しやすいと思うので、毎日の天気予報ぐらいは把握しておきましょう。

 

お天気の話でネタが尽きてしまった場合には無理して話すこともありませんが、食べ物の話や子どもの遊びの話が無難です。

 

気を付けた方が良いのは、食べ物でも子どもの遊びの話でも自慢をするような話は、絶対に避けるようにしましょう。

 

子どもの食べ物の好き嫌いでも、やたらと高級食材を並べ立てたり、誰でもが持っていないような高価なオモチャの話などは、自慢にとられてしまう場合もあるので要注意です。

 

何か話さなくてはいけないと、焦り過ぎて早口でまくし立ててしまう人も多くいるので、ママ友と話をするときには不必要に緊張することなくおしゃべりしましょう。

人見知りを治す最強の方法!

 

ママ友に人見知りをしてしまうママさんは、極度に嫌われることに対して恐怖心を抱いているのが特徴です。

 

自分で気付いているかいないかはわかりませんが、他人に嫌われたり、ちょっとでも悪く言われたりすることが耐えられないので、人を避けたりオドオドした態度を取ってしまう人が多くいます。

 

この人見知りを克服するためには、自分の中の意識改革をすることが必要になります。

 

正直、子どもを介して知り合ったママ友なんて、生涯を通じての友人になるわけではないことを自覚して、嫌われても陰口を叩かれても、どうでもいいや!と割り切っちゃいましょう。

 

ママ友同士のお付き合いは永遠ではないので、数年間の短いお付き合いしかない相手に自分がどう思われたって良いんです。

 

「この人にどう思われてもかまわない」と思うだけでも緊張することがなくなるので、他人に対して話しかけやすくなり、人見知りを克服することができます。

 

子どもを持つママさんは人見知りは悪いことのように思われがちですが、子どもでも大人でも、人見知りをするということは決して悪いことではないのです。

 

人見知りをするということは、相手に対して用心深く、警戒心を持っているということなので、無理に治す必要はないことだけは理解しておきましょう。

 

子どもが幼稚園ぐらいの年齢の頃には、ママ友同士のお付き合いが密着する時期でもあるので、この期間だけ適当に接する期間を自分の中で設けることもおすすめです☆


人見知りアナウンサーに学ぶ ドキドキに負けない話し方【電子書籍】[ 樋田かおり ]


「質問」で会話を盛り上げる方法口ベタ、あがり症、人見知りのための【電子書籍】[ 渡瀬謙 ]


人見知りが治るノート【電子書籍】[ 反田克彦 ]

Sponsored Links