張り合うママ友の心理とは?負けず嫌いママのスルーの仕方!

Sponsored Links

 

ママ友の中には、子供のことや自分のこと、
旦那のことなど全てに対して
張り合いたがる人っていますよね。

ママ友の持ち物に張り合ったり、
子どもの習いごとや住んでいる家の間取りなど、
どんなに些細なことでも
張り合わないなんて絶対に有り得ない!
ってママもいるんです。

負けず嫌いって悪いことではないのですが、
ママ友と比べて張り合ってしまうのが
面倒のもとになってしまいます。

今回は、やたらと自分に張り合いたがる
ママ友をお持ちの方に、対処法を伝授します!

Sponsored Links

「私の方がアンタよりも上なのよ」と思っている!

なにに対してでも張り合うママ友の心理って
なんだろう?と思う人も多いのではないでしょうか。

結果は、ズバリ「自分の方が上だと思っている」のです。

正直なことを申しますと、
張り合うママ友で性格の良い、素敵なママさんは
皆無だといっても良いと断言しましょう。

常に他のママ友を見下して優越感を得ているので、
常日頃から見た目は美しくキレイな人であっても、
その性格は素晴らしく悪いといっても過言ではありません。

張り合うママ友は、口に出さなくても常々
「私の方がアンタよりも優れている」と思いながら、
ちょっと幸せそう、とか
お金持ちそうなママ友を見つけては、張り合うのです。

 

自分の方が上と思いたいので、
張り合うママ友は
あなたの持ち物よりも少しだけ高いものや、
誰が見てもひと目で高いとわかるものを購入しては
周囲のママにひけらかしながら
あなたに対して優越感を抱いているのです。

そして、この張り合うママ友に意外に多いのが、
お金持ちのママさんなのですが、
お金はあっても、精神的満足レベルは
ほとんどないのも特徴です。

幸せ度が皆無に近く地べたを這っている状態なので、
目に見える「物」や「仮面夫婦」を演じて、
幸せ家族アピールをしてしまうのです。

Sponsored Links

張り合うママへの上手なスルーの仕方

 

自分の持ち物や容姿を基準に張り合ってくるママ友に対しては、
普通に相手にすると腹が立ってムカムカすることが多いので
ストレスが溜まってしまいます。

張り合うママ友は、
毎日地道に張り合ってくるので
イライラさせられることも多いと思いますが、

「この人は張り合わないと生きていられないタイプ」
なんだと割り切って、あっけらかんと過ごすようにしましょう。

正直、なにか張り合うようなことを言っていてもやっていても、
単なる雑音だと思って聞き流すようにするのがおすすめです。

相手は、精神的満足レベルが低いママ友なので、
どんなに張り合って来ても満たされてない人なんだなぁ~
と思うだけで、さほど腹も立たなくなります。

張り合うママ友とはとくに会話をする必要もないので、
日常的な挨拶だけして、
相手を視界に入れないように&近付かせないようにして
スルーしましょう。

張り合うママ友に対して自分も負けじと張り合ってしまうと、
相手を喜ばせてしまうだけなので
自分はまったく意識していないという姿を見せつけてやりましょう。

容姿限定で張り合うタイプのママ友とは

 

数々の張り合うタイプのママ友の中でも、
特に意地悪をするとか仲間外れにするとか、
くだらないことはしないのが、
容姿限定型の張り合うママ友です。

このタイプは、本当に自分の容姿意外には興味がないので、
あなたのお子さまが成績優秀でも、
スポーツ万能でも、
学校や習いごとで表彰されまくりでも、
一切の興味を持ちません。

なので、周囲のママ友を巻き込んで、
よけいな騒ぎを起こすことはないので、
特別に面倒くさいことはありません。

容姿限定で張り合うママ友には、
「私の方がかわいい・キレイ・美しい」
ということしか脳内にないので、
頭は悪くても、特に性格が悪いということはありません。

このタイプは、他の張り合うママ友たちと違って、
スルーするとか、シカトするという対処ではなく、
ある程度は相手にしてあげると喜びます。

容姿限定で張り合うということは、
あなたを「美のライバル」として認めている
ということでもありますので、
ちょっと刺激を与えて
良いバトルを楽しむのもおすすめです。

メイクやヘアスタイル、洋服や小物までの
すべてにわたって張り合ってくるママ友の場合には、
面倒くさくなるかもしれませんが、
この場合は、わざと変な格好をして楽しむという手段もおすすめです。

自分よりも勝っているママ友が気に入らないタイプ!

 

張り合うママ友の心理とは、自分もどうにかすれば相手に勝つことができる&相手より優れていると考えています。

このタイプの張り合うママ友の場合には、もう自分の方が相手よりも思いっきりズバ抜けてしまうに越したことはありません。

中途半端に、相手に「自分だって」と思わせないのがコツなので、出過ぎた杭は打たれないという言葉があるように、とにかく頂点を目指してしまいましょう。

分かりやすく言えば、たまに1位を取るのではなく、ずっと1位を独占状態で突っ走るようにして、1位はどうしたって無理だと思わせるのがコツです。

根性の悪い張り合うタイプのママ友は、どんな手段を使ってもトップの座に居座ろうと、汚い手段を使う者も少なからずいることを忘れずに、相手が見えていないかのようにスルーしてしまうのもおすすめです☆

Sponsored Links