40代ママの入学式での服装おすすめは?悪目立ちしないコーデを紹介!

Sponsored Links

 

我が子の入学式って、
嬉しいけれど自分の着る洋服を
なににしようか悩む人がほとんどだと思います。

 

どうしても、周囲のママ達と違うファッションで
浮いてしまうのは避けたいし、
でもそれなりにオシャレもしたいのが本音でしょう。

 

でも自分の年齢を考えると
若いママのようなコーデをすると
完全に周囲に引かれてしまうこと間違いナシなので、
気を付けたいところ。

 

今回は、入学式のコーデで悩む40代ママの役立つ情報をお届けします!

Sponsored Links

40代におすすめのカラーはベージュ!

 

入学式のファッションは、
卒業式のときのダークな色合いと異なり、
春らしい明るい色のファッションが好まれています。

 

サーモンピンクや淡いオレンジなども良いですが、
40代ママにはベージュの落ち着いた
大人の雰囲気がおすすめです。

 

若い頃と違って、
なんでも可愛く着こなせる年齢ではないことを自覚して
周りの若ママよりも大人な雰囲気と、
上品さをガッツリ出していきましょう。

 

注意すべき点は「ベージュ」なら
なんでも良いのではなく、
あまりに安物を購入すると
素材が良くないので下着が透けたりする
トラブルも生じます。

 

自分が着る洋服は
必ず試着してから肌触りや
全身のフィット感などを確認するようにしましょう。

 

一口にベージュといっても
色の濃いものから薄いものまでいろいろあるので、
自分の肌の色や顔にしっくりくるものを
選んでください。

 

若ママにはまだイマイチ似合うことのできない
ベージュ色で、
40代の知的な雰囲気を漂わせる
上品なママっぷりを見せつけてやりましょう!

 

ベージュなんて、
私はラクダじゃないんだから着たくないわ!

という40代ママもいるでしょうが、
もしベージュが無理ならクリーム色やアイボリーがおすすめです。

 

ベージュのような色には
流行がなくいつでも自信満々に着られるので、
40代なら1着は持っておくと重宝しますよ☆

Sponsored Links

40代ママはひざ丈を死守するべし!

 

常日頃からエステに通い
足が細くて誰もが羨ましがる美脚をお持ちの40代ママでも、
入学式の場では見せびらかしたいのを我慢して
スカートはひざ丈を死守しましょう。

 

ひざがチラ見せするぐらいのスカート丈なら
問題はありませんが、
若ママに負けじとミニスカートなんて選ぶと
40代ママの魅力が地に落ちてしまいます。

 

普段はミニスカートを履いているから
入学式にだってミニスカートで参戦するわ!
と意気込みを見せる40代ママには
心の底から御忠告申し上げたいです。

 

入学式ファッションというのは
入学初日の名刺のようなもので、
他人からの第一印象がガッツリ決まってしまいます。

 

小学校に入学すると
幼稚園のように毎日親同士が
顔を合わせて会話するということがないので、
入学初日に与えた第一印象が
根強く残ってしまうので、
危険な40代ママ認定されないように気を付けましょう。

 

タイトスカートではババくさく感じる
という40代ママには、
同じスカート丈でもふんわりとした
フレアースカートがおすすめです。

デザインはシンプルだけど素敵なもの!

 

40代ママの入学式での服装は
ゴチャついた感じを出さずに
シンプルなデザインのものが上品で知的に見えます。

 

よけいな飾りや大きなリボンが付いているものや、
ブリブリのレースがたくさん付いているデザインのものは
かわいらしいものが似合う年代の
若ママにお任せしておきましょう。

 

レースがふんだんに使われているものは
ゴージャス感の溢れるものと、
逆に安物感を引き立たせてしまう
場合があるので要注意です。

 

若ママは「若い」という褒め言葉がありますが、
40代ママにとって「若い」という言葉は
決して褒め言葉ではありませんので、
ファッションで自分の印象をアピールするためには
デザインを重視しなくてはなりません。

 

優しい感じの人に見られたいと思う40代ママには
柔らかい雰囲気が出せるうえに
上品さを漂わすことのできる、
ワンピーススーツが絶対的におすすめです。

 

40代ママならではの大人な女をアピールをしたいと思うなら、
タイトスカートでビシッと決めて
若ママどもに「箔」を付けてやりましょう。

 

バリバリ働く仕事大好きな40代ママには、
知的さと能力の高さをアピールできる
パンツスーツがお似合いです。

服装だけでなく全身で考えたコーデをする!

 

若くてかわいらしいだけの
華やかだった年代を通り過ぎてしまった40代ママには、
若ママには持ち合わせていない
人生経験という大きな勲章があります。

 

入学式のファッションが
若ママのようにかわいくなくたって、
40代ママならではの魅力が
存分にかもし出すことができるので
問題ありません。

 

ただひとつ、それ故に40代ママは
トータルコーディネートに
若ママ以上に気を使わなくてはならないのです。

 

入学式用のフォーマルスーツとともに
靴やバッグなどの小物類はもちろんのこと、
アクセサリーやネイル、
ヘアスタイル、メイクのすべてを
顧慮するようにしましょう。

 

40代ママには
ある程度の財力もある年齢なので、
安っぽいオマケのコサージュなどは使わずに
花屋さんで生花でコサージュを作ってもらう
ぐらいの意気込みを見せましょう。

 

センスのいいコサージュは、
それだけで40代ママの品位を
アップさせることができます。

 

高いブランド物のバッグを持っているからといって、
入学式のフォーマルスーツに
似合わない色やデザインのバッグは
持たない方が賢明です。

40代ママだからこその禁止令!

 

入学式での悪目立ちは、
のちの子どもの関係に影響しないとも言い切れません。

 

そのため、奇抜なファッションや
カジュアル過ぎるファッションは
絶対にしないように注意しましょう。

 

やたらに気合が入り過ぎてしまうのも
悪目立ちしてしまうことになるので要注意です。

 

わが子の入学式には
着物姿で出席したい!という40代ママもいると思いますが、
どうしても着物で行くならば
成人式や七五三かと見間違うような着物ではなく、
40代ママをアピールできる落ち着いた着物で行きましょう。

 

異常に高いピンヒールも、
40代ママには上品さを欠かしてしまうアイテムになるので
程よい高さの上品なものを選ぶようにしましょう。

Sponsored Links