素敵ママになるにはどうしたらいい?ファッションの特徴や条件をマネしたい!

Sponsored Links

みなさまは、素敵ママって聞いてどんなママさんを思い浮かべるでしょうか?

 

いつもブランド物を持って、ヘアスタイルもメイクもお洋服も完璧なママ?それとも人畜無害でだれとでも分け隔てなく話ができるママ?

 

人それぞれの価値観が違うように、自分が素敵ママだと思うママにもいろいろなタイプがあります。

 

外見的に素敵なのか、中身が文句のつけようもなく素敵なのか、今回は素敵ママに近づけるようなテクニックをご紹介しましょう。

Sponsored Links

柔らかい雰囲気を身に付ける

ボスママと違ってギスギスした雰囲気がなく、常に柔らかい雰囲気を身にまとっていて、周囲の人も義理で周りにいるのではないタイプのママです。

 

その人の近くにいると、自分も穏やかになれるような優しいオーラを放つママは、年齢を問わずみんなから本当に好かれます。

 

とにかく、全身から溢れ出るフワフワした、居心地の良い空気は素敵ママには絶対必要条件です。

 

中身も大事ですが、外見的に黒い服や原色、ハッキリした色合いの服を好む人や、そう言った色ばかりを好んで着ている人は、服の色を淡いものに替えるだけでも、ちょっと優しい雰囲気に見えます。

 

キリキリした精神面ではなく、ちょっと深呼吸をして和やかな柔らかい雰囲気を出すように努力してみてください。

Sponsored Links

言葉遣いは優しく丁寧に

柔らかい雰囲気を持ったママは、話し方一つにおいても柔らかく、話していて楽しいと感じさせてくれるのが素敵ママです。

 

柔らかい話し方といっても、鼻から抜けるような話し方というのではなく、自分の言いたいことはキッチリ言うし、芯が一本しっかりと通っています。

 

話し方が攻撃的な人や、他人が話して取りあえず相手の言い分には反論しないと気がすまない人は、いるのを遮って自分の話をしてしまう人は、十分に注意しましょう。

 

大人だから丁寧にとかではなく、子どもでも分け隔てなく、優しく話すように努力しましょう。

 

優しい話し方といっても、ハキハキ話す人でも素敵ママはたくさんいますので、相手に不快感を与えることのない話し方や、威圧感を与えない話し方を身に着けましょう。

必要最低限以外はスマホを触らない

素敵ママの特徴とも言えるのは、むやみにスマホを触らないで、持っていることすら感じさせない態度です。

 

他のママ友と話をするときに、スマホを握りしめながら話すのではなく、常に鞄の中に入れておき、メールチェックなどは自分ひとりのときにまとめてしましょう。

 

ハッキリ言って、Lineやメールなどは、その場ですぐに返信しなくても困ることってないですよね。

 

常にスマホを握りしめている姿は、素敵ママには有り得ない姿なので、スマホが手放せないママは気を付けましょう。

 

会話の最中でもSNSに憑りつかれているママは、傍から見ていても見苦しいので、素敵ママになるためには、ちょっとスマホを置く時間を作りましょう。

イライラした雰囲気を出さない

素敵ママになりたかったら、日ごろからのイライラを溜め込まない努力も必要です。

 

イライラは、常に顔や雰囲気、言葉の端々にも出てしまうので、適度にストレス発散を心がけるようにしましょう。

 

素敵ママは、子供のことも家庭のことも大事にし、自分の時間や自分に手間を掛けることを惜しまないので、イライラすることもほとんどありません。

 

素敵ママは、なんでも完璧にこなしているわけではなく、上手にすべてに手を抜きながら、自分が疲れすぎないようにしています。

 

ストレスばかり溜め込んでしまっては、素敵ママになることは出来ないので、自分なりのストレス発散方法を見つけることも大事です。

 

素敵ママはになるには、他人は他人、私は私という信念を持って、他所の家庭と自分の家庭をくらべないことも大切です。

 

素敵ママは、他人を羨んだり妬んだりすることもなく、常に自分と自分の家族の生活を充実させるように努力しましょう。

身だしなみに気を配る

素敵ママは、中身も外見も素敵な人が多くいますが、外見を素敵ママにするためには、身だしなみに気を抜かないことが大切です。

 

高いブランドの洋服でなくても、小ざっぱりしていて清潔感があれば、人は不愉快に感じることはありません。

 

安い洋服だから素敵ママには慣れないということはないので、皺のある洋服にはアイロンをかけるなどの手間をかけるようにすれば、問題ありません。

 

髪の毛も、毎月美容室へ行く必要はありませんが、髪の毛がバサバサになっていると汚らしく見えるので、毎日の食べ物などにも気を付けて、紙艶を維持するようにしましょう。

 

肌があれていると、生活が荒んでいるように見えるので、素敵ママになりたかったら肌の状態にも気を付けた方が良いでしょう。

 

バッグやアクセサリーなども、ブランド物でなくても大丈夫!本当の素敵ママなら、そこら辺のスーパーのビニールを持っている姿ですら、素敵に見えます。

 

アクセサリー類も、あまりゴチャゴチャ着けずにシンプルにしたほうが、素敵ママに見えます。

靴にも気を配って履く

毎日履いている靴はどんな状態ですか?素敵ママは、ブランド品の靴でないとダメということは一切ありません。

 

ノンブランドの安い靴でも、靴の状態をきれいに保っていれば清潔感もあり、素敵に見られます。

 

ヒールなどの靴が多い人は、踵がすり減っていたり、剥げてしまっていることはありませんか?

 

パンプスなどでも、ちょっと気を付けて磨いておくだけで、足元を見た時の印象が違います。

 

あまりにボロボロの靴を履いていたり、つま先がちょっと割れていたり、汚れが目立って汚らしいと素敵ママには見えないので、注意しましょう。

 

靴と同時に、スカート派のママはストッキングの伝線や、雨の日のは値上げにも注意しましょう!

Sponsored Links