ママ友のLINEグループをやめたい!拒否設定やブロックはやっぱりマズイ?

Sponsored Links

子どもを持つママであれば、誰しもかならずといって良いほどグループLineをしているのではないでしょうか。

電話とちがって、お金がかからずに気楽に連絡が取り合えるうえに送受信も早くて一度に複数のママ友と同時にやり取りができるとなれば、使わないママのほうが少ないかもしれません。

でも、同時にトラブルが多いのもグループLineの特徴になっていて、やめたいとお悩み中のママもいるのではないでしょうか?

Sponsored Links

ママ友のLINEグループをやめる

あなたが、だれになにを言われようとも思われようとも意に介さず、自分の世界で生きていける超合金のような心の持ち主であれば、ママ友のLineグループなんて抜けてもまったく問題ありません。

本当に子どもにとって必要な情報交換の場であれば、普通はママ友同士のLineグループを抜けようなんて微塵にも思うはずがないのですが、やめたいと思ってしまうには必ずしも原因があるのです。

例えば、育児や幼稚園・学校の情報ではなくどうでも良い話が満載で、忙しいのに相手にしていられないとか、真夜中に平気でLineを送ってくる非常識ママ友の存在などがあるでしょう。

Lineグループをやめる時には、画面上に「〇〇が退会しました」と通知されるので、全員にあなたが抜けた事実を知られてしまうことは避けようがないので、退会直前に適当な理由を送ってから間髪入れずに退会するのも手段です。

Sponsored Links

ママ友LINEグループの発案者やボスに断りを入れる

どうしてもママ友のグループLineを抜けたい場合には、グループ全員に抜けたと知られる前に、個別に発案者やボスにひとこと伝えておくだけでも、のちの「あの人なんで抜けたの?」というトラブルを回避することができます。

特に「私だけみんなよりも特別扱い」されるのが好きなママ友の場合には、事前にお知らせしておくのは効果てきめんです。

ママ友グループがほんの数人の場合には、はっきりと「忙しくてLineしてる暇がないから、抜けるね」とグループLineをやめることを伝えたほうがいいでしょう。

グループLineをやめる場合には、絶対になにかしら言われることを覚悟してから抜けるようにしなくてはなりません。

ママ友LINEグループを拒否設定にする

ママ友のLineグループは、自分が率先してグループづくりをするのでなければ相手側から招待されることがほとんどです。
普通のメッセージのように「招待」が届くので、そこで迷わずに拒否しちゃいましょう。
自分がママ友グループLineの招待を拒否しても、相手側が先に送った招待をキャンセルして、再度招待するということができるので、しつこい招待には負けてしまうこともあるかもしれません。
一度入ってしまうと、非常に厄介なママ友たちのLineグループがあることも事実ですので、だれかれかまわずに招待を受けてはいるのではなく、自分でしっかりと確認してから入るようにしましょう。
グループLineの招待といえども、相手はママ友ですから拒否したところで困ることは特にないのも特徴です。

ママ友のLINEグループは永遠ではない

今入っているLineグループがいやになってしまい、途中で抜けたいと思っている人も多いと思いますが、ママ友のLineグループは必ず変動するので永久的ではありません。

子どもを通しての広くて浅いお付き合いですから、子どもの事情によっても変わり、クラス替えや仲良しのお友だちが変わった程度でもLineグループが消滅することが普通にあります。

もし、今無理矢理何としてでも抜けなくてはならない事情でないならば、適当にやり過ごして辞める時期を見計らっても良いかもしれません。

頻繁に入るLineの通知音が煩わしく感じる場合には、通知音を消してしまいLineそのものを非表示にしてしまう方法もあります。

非表示ごときでは生ぬるく、ママ友グループに自分のタイムラインを見られたくない場合やトーク・Line通話もかけて来られないようにしたい場合には、迷わずブロックしてしまいましょう。

人との付き合いを拒否するということは、ママ友であれ、ママ友でないにしろ少なからず陰口を叩かれたり、集団の中で孤立するなどのトラブルは避けることができません。

潔くLineグループをきっぱりやめるか、ある程度の時期になるまで幽霊部員のごとく籍だけ置いておくほうがいいか、よく見極めてから決めるようにしましょう。

~関連記事~

➡ ママ友とLINE交換!めんどくさいんだけど・・・断り方は?

Sponsored Links