素敵ママ友って?友だちになりたいと思われる好印象ママ友の共通点を紹介!

Sponsored Links

子どもの関係で、ママ友を作らなくてはならない場合において、どうせだったら素敵なママ友と「ママ友づきあい」がしたいですよね。

 

人は第一印象で決まるとも言われますが、素敵なお洋服を着てキラキラしているママが素敵ママ友かというと、実はそうでもなかったりします。

 

素敵ママ友は、他人の不幸や噂話が三度の飯よりも大好物!なんていうことがなく、だれにでも分け隔てなく接してくれます。

 

初対面から見抜くことは難しいですが、すぐにママ友になるのではなく、ちょっと様子をみてからママ友づきあいをするようにすれば、素敵ママ友が見つかりますよ!

 

今回は、素敵ママに共通する印象をご紹介しましょう。

Sponsored Links

全身から優しそうなオーラが出ている!

素敵ママ友は、とにかく全身からふんわり優し気なオーラが漂っていて、初対面でも隣にいてギスギスした雰囲気や刺々しい殺気のようなものを感じることがなく、柔らかい雰囲気をまとっています。

 

挨拶をするときに、自分だけでなく我が子にもかならず声をかけてくれたりするので、朝から良い雰囲気の中で1日がスタートできます。

 

このタイプの素敵ママは、ボスママが無駄に嫉妬する対象外の人物でもあり、ある意味ママ友界の聖域のような感じなので、腹黒い人間は近寄れないオーラをも持ち合わせているといえます。

 

優しそうな人間は、身にまとっているオーラが凡人とは違うので、自分の直感を信じて素敵ママ友を見つけるのもおすすめです。

Sponsored Links

子どもも柔らかい雰囲気を出している!

素敵ママ友に共通する点は、ボスママやトラブルメーカーのママと違って、子どももとにかく優しくて誰とでも楽しく仲よく遊べるという共通点があります。

 

男の子や女の子とか年齢に関係なく純粋に可愛らしくて、自分と会えば朝でも夕方でもキッチリ挨拶をしてくれたり、普通に話しかけてくれたりします。

 

子どもといえど性格の良さがしっかりとできあがっているので、我が子が一緒に遊んでいると親が安心感すら感じられる貴重な存在です。

 

話す内容にも意地悪さは微塵にも感じられず、周囲の子どもの悪口や陰口を言うようなこともなく、お節介とは違う面倒見の良さも持ち合わせている子が多くいます。

 

他人に対して興味津々で、人を見ればすぐに寄ってくる子どもとは違って、ちょっと離れた場所で自然な笑顔でニコニコしているのが特徴です。

自分の子どもも他人の子どもも同じく扱う!

素敵ママ友の特徴は、いつもしっかり我が子を見ていて他の子どもにも同じ様に気を配ってくれるので、子どもの安全が確保されています。

 

立ち話をしていても公園で一緒に遊んでいても、話に夢中になり過ぎて子ども達から目を離すことがないので、一緒にいて安心感すら感じられます。

 

素敵ママ友は、他人の子どももちゃんと名前を覚えてくれて、自分の子どもと同じようにおしゃべりしたり、遊んでくれたりするので子どもからの人気があるのも特徴です。

 

うわべだけのママ友や競争心の強いママ友には不可能な「我が子を褒める」ということをしてくれるのも素敵ママ友です。

 

遊びやスポーツ、お勉強などなんでも上手にできた時には「○○ちゃん、スゴイね~!」「上手にできたね!」など、まるで自分の子供のことのように喜んで褒めてくれたりします。

他人の噂話などには興味がない!

素敵ママ友は、貧乏&裕福などには関係なく、自分の生活に満足しているので他人の噂話などには興味がありません。

 

ママ友やその子どもに対して僻む要素がないので、ママ友の家庭と自分を比べて妬んだり意地悪なことを言ったり、嫌がらせしたりする貧乏根性を持ち合わせていないのが特徴です。

 

素敵ママ友には、汚い性格や人間性の持ち主は近づけない傾向にあるので、だれかがあなたの陰口や噂話などをしても上手くその場を交わして相手にすることもないので、気分良くお付き合いができます。

 

愚痴や、自分や自分の子どもに対して批判や説教、好奇心による質問攻めなどもしないので、素敵ママ友とは良いママ友関係を気付くことができます。

 

家庭内の話には興味がなくても、自分の愚痴や子どもの成長過程での悩みなどは親身になって聞いてくれるのも素敵ママ友です。

Sponsored Links