ママ友に言葉遣いはどうしてる?呼び方は名前のほうがいい?

Sponsored Links

ママ友への言葉遣いって、ちょっとどうしようか悩んじゃうときってありますよね。

 

自分と同い年のママ友ならば、初対面のとき以外に敬語で話すのも気が引けてしまいますよね。

 

自分よりも年上で、今までまったく面識のなかった相手であれば、当然ながら親しくなるまでは敬語の方が無難だったりもします。

 

今回は、ママ友に対する言葉遣いや、ママ友をどうやって読んだらいいのかなどを悩めるママ達に伝授します!

Sponsored Links

親しくなるまでは敬語に徹する!

ママ友って、真の友だちじゃなくって子どもを通してのお知り合いなので、親しく打ち解けるまでは絶対に敬語で接した方が無難です。

 

例え自分と同い年のママ友であっても、初対面のときには絶対的に敬語で話して置いた方が後々の印象が良くなります。

 

最初からいきなりタメ口で話しかけられると、正直あまり良い印象は与えることができません。

 

ママ友が、明らかに自分よりも年下の年齢であったとしても、初対面からタメ口で接近するのは非常識そのものです。

 

お互いに、仲良くなったと感じるようになるまでは徹底して敬語を使うことをおすすめします。

Sponsored Links

タメ口にするなら時期を見計らう

もう何回も会ってるし話してるし、仲良しって感じだし~と思えるようになったら、「タメ口で話しても良い?」とお伺いを立ててみるといいでしょう。

 

相手の方から言ってくれることもあるし、なんとなく双方で敬語を止めるということもあります。

 

相手の雰囲気から、あまり自分に踏み込んで欲しくなさそうな感じを受けたときには、敬語続行のほうがいいでしょう。

 

タメ口にしたいと思うときは相手の方からも何かしらの親しみを込めたリアクションが絶対にあるので、ママ友の言動や行動に注意しておくようにしましょう。

 

自分が相手にタメ口を利かれたくない!という信念のある人には、相手が徐々に敬語でなくなってきても、自分は徹底して敬語で通すようにすると、相手に対して結界が張れるのでおすすめです。

意外に年齢は気にしなくて大丈夫!

ママ友同士、私より年上だから敬語で話さないと!と思ってしまうことも多くありますが、子ども同士が同い年とか、年齢が近いママ同士ならとくに気にしなくても大丈夫です。

 

バカを極めたような口の利き方をされるとドン引きしてしまいますが、適度に敬語を交えた会話の方が気軽に話しやすくなります。

 

私自身も15歳年上のママ友や、ひとまわり年下のママ友がいますが、どちらも最初は敬語でしたが数回会って話をするうちに、すっかり敬語が抜けてタメ口になっています。

 

自分よりも年が上のママ友には頼れるお姉ちゃん感覚で話をしますし、ひとまわり年下のママ友は、もはや自分の妹のような、家族のような感覚です。

 

同い年の子どもを育てているママ友とは、大変な時期も楽しい時期も同じく乗り越えている戦友のような存在なので、年齢は気にし過ぎずに、楽しく会話するようにしましょう。

「○○ちゃんママ」は意外に不人気

ママ友の呼び方で、つい子どもの名前で「○○ちゃんママ」って呼んでしまうことってありますよね。実際にそのとおりだし、いちばん相手にわかりやすいし。

 

一世を風靡した「〇〇ちゃんママ」や「○○くんママ」も、最近ではあまり喜ばれない呼び方になってきているようですよ。

 

とくに自分自身の存在を確立したいママには、もはや「〇〇ちゃんママ」のような呼び方は禁句でもあり、呼ばれても喜びません。

 

我が子が大好きで、自分の存在よりも子どもの存在が第一なママ友には、この呼び方でも一切の問題はありませんし、もはや○○ちゃんママであることに喜びすら感じます。

 

初めて声をかけるときに“○○ちゃんママ”以外の名前がわからないようであれば、まず最初に「○○ちゃんのお母さんですよね?お名前を教えて頂けますか?」と一声かけるのが無難です。
この呼び方を嫌う人もいるということを頭の中に入れておいて、必ず苗字で呼ぶようにしたほうが相手に不快感を与えなくてすむので、名字だけは確認するようにしましょう。

ママ友の名前をさん付けで呼ぶ

ママ友の名前を呼ぶのに、“○○ちゃんママ”や苗字にさん付けで呼ぶよりも、ちょっと親しみを感じられるのではないでしょうか。

 

初対面でいきなり名前にさん付けで呼ぶ人はほとんどいないと思いますが、仲よくなったらこの呼び方という人も少なくありません。

 

苗字で呼ばれるよりも名前で呼ばれたいというママ友も少なからずいるので、他のママ友が名前で呼んでいる人などには遠慮なく名前で呼んじゃっても大丈夫です。

 

ママ友のなかでも他のママよりも仲良しなママ友には、自分にとっては特別という意味を表せるので、名前で呼ぶのもおすすめです。

 

“ママ友とは名前で呼び合うような仲にはなりたくない”という人もいるので、だれでも彼でも名前で呼んでしまう癖のある人は要注意です。

 

稀に、名前にちゃん漬けで呼ぶとバカにされていると感じて不愉快に思う人もいるので、余程親しくない限りは注意しましょう。

Sponsored Links