ママ友がいない!小学校でのママ友との距離感はどうしたらいい?

Sponsored Links

 

小学校でのママ友は
とくに必要ないと考える人は
結構いるようです。

 

それは幼稚園ほど
子連れで行動する機会も減り、
学校行事も幼稚園ほど
頻繁ではないからだそうです。

 

幼稚園でママ友との
付き合いに疲れたママは、
やっと開放されると
ホッとしているのかもしれませんね。

 

ママたちも少し歳を取り、
子どもの小学校でいまさら
新しくママ友は必要ないと
思う人多いのかもしれません。

 

でも、小学校でママ友がいないと
子供に影響があるのでしょうか。

 

今日は小学校でのママ友との
距離感についてまとめてみました。

Sponsored Links

小学校でのママ友は必要?不要?

小学校の6年間での
子供の成長は著しいものがあります。

その間にママ友との関係は
どう変わるのでしょうか。

ママ友必要派

・新しく始める子どもの
習い事についての情報が入ること

・学校のお友達の情報が入ること

・子供について悩みを話せる相手ができること

・学校行事に参加するとき、
孤立しなくてすむこと

・PTAの情報が入ること

ママ友不要派

・ママ友同士の関係が煩わしいこと

・ランチや付き合いで出費が増えること

・面倒なことを押し付けられること

 

入学前後は、学校のことについて
わからないことも多いので、
なにかと聞けるママ友が
いると心強いようです。

 

学校を休むときも
連絡帳を頼んだりする
ケースがあるので、
近くに一人は困ったとき
頼れるママ友がいると安心です。

 

あと、子供が小学校へあがると
少し手が離れるので、
その空いた時間を使って習い事や
趣味の時間に当てるママもいるので、
ママが楽しめる情報が
得られる可能性もあります。

Sponsored Links

 

小学校のママ友の作り方・気をつけるマナー

小学校のママ友との付き合いは、
低学年までが一般的のようです。

 

長くても卒業するまでで
中学校に入るとほとんどなくなります。

 

ママ友の作り方は、
学校行事に参加するときは
明るく笑顔で挨拶をしましょう。

 

第一印象で暗い感じでは
近寄りがたく感じます。

 

明るい感じの人には
相手も話しかけやすいものです。

 

誰でも初めは緊張するものですが、
子供が仲良くなった子や家が近所、
習い事が一緒など
なにか共通点があると
話しやすく友達になりやすいかもしれません。

 

なんとなくタイプが似ている人、
価値観が似ていそうな人がいれば
積極的に話しかけてみても
いいかもしれませんね。

 

次に気をつけるマナーとしては、
相手のことを詮索しないと同時に
自分の家庭内のことは話題にしない、
その場にいないママの悪口や
陰口は言わない、
関わらないということです。

 

また、小学生になると
子ども同士で遊ぶ機会も増えます。

 

相手の家へ知らないうちに
お邪魔しているかもしれません。

子供の行動は把握して
お礼は忘れないように言いましょう。

 

お礼の品物はやりすぎると
返って相手の負担になるので、
気持ち程度を心掛けるようにします。

無理しない程度の距離感を保つ

ママ友との付き合いに無理をすると、
子どもが心配し影響がでます。

 

ある程度距離を置いて、
自分のペースを崩さないように
生活するのが一番です。

 

頻繁にべったりと
依存した関係ではなく、
たまに会って子供の話や
学校の情報交換ができる距離感が理想です。

 

そこから、子ども抜きでも
付き合える本当の友達に
なれるかもしれません。

小学校では子供の成長を見守りながら、
ママ友とも困ったときは
助け合える良い関係を築けたらいいですね。

 

Sponsored Links